治療の違いについて

インプラントと入れ歯・ブリッジの違い

治療法によって、満足度、お口の健康状態に差が出ます

失った歯を補う治療法としては、インプラントの他に入れ歯やブリッジがあります。ほとんどの場合、この3つから治療法を選択していただくことになりますが、それぞれに全く特徴が異なります。

特に噛む力に関しては差の開きが大きく、治療法によってその後のお食事の際の満足度が大きく変わってきます。また、治療後の歯の健康状態に関しても同様に大きな差が現れてきます。

そのため、治療を選ぶ際には治療費だけで安易に選ばず、それぞれの特徴をよく理解した上で決めていただくことをおすすめします。

インプラント・入れ歯・ブリッジの特徴

インプラント

歯を失ったあごの骨に、人工歯根を埋め込んで、その上にセラミックなどの人工歯をかぶせる治療です。天然歯に匹敵するくらいよく噛めて、見た目も良く、他の歯にダメージを与えない、というのが主なメリットです。ですが、保険がきかない、手術が必要、期間が長いというようなデメリットもあります。

歯を1本失った場合から全て失った場合まで可能ですが、骨の状態などによっては治療が不可能、もしくは制限されることがあります。

入れ歯

1本歯を失った場合から、全て失った場合にまで、どんなケースにでも対応出来る、最も適用範囲の広い治療法です。保険だと治療費が安い、というメリットがありますが、違和感の強さや、審美的な面では不満を感じる場合があります。特に噛む力に関しては全ての治療の中で最も弱めです。

ブリッジ

失った歯の両隣の歯を削り、橋を渡すようにつながった人工歯をかぶせる固定式の治療法です。ブリッジは1、2本歯を失った場合によく行われる治療で、歯を続けて多数失った場合や、歯を全て失った場合には、人工歯を支えられないので、適用できません。

メリットとして、保険適用がある、固定式なので楽ということが挙げられますが、健全な歯をたくさん削るのでダメージが大きい、というデメリットがあります。

インプラント、入れ歯、ブリッジの比較

インプラント、入れ歯、ブリッジの大まかな特徴を表にすると下のようになります。

インプラント 入れ歯 ブリッジ
噛む力 優れる 劣る 良い
見た目 良い 金具が見えることがある 保険の場合は問題が出ることがある
違和感 ない 強い あまりない
周囲の歯へのダメージ ほとんどない 大きい 大きい
耐用年数 10年以上 数年程度 数年程度
清掃のしやすさ しやすい 外すのが面倒 難しい
骨の吸収のしやすさ しにくい しやすい しやすい
手術 必要 不要 不要
治療期間 3〜6ヶ月 3〜4週間程度 2〜3週間程度
保険適用 なし あり あり

他の治療よりよく噛めて、長持ちしやすいインプラント

どの治療でも、歯を補うことはできますが、「噛む」という機能の面では大きな差が出てきます。よく噛めて、食事が美味しくいただけると、心身ともに健康で充実した毎日が送れることでしょう。そのため、機能面は特に重視していただくと、後で後悔のない選択につながるかと思います。

また、長期的によく噛めるかどうかも重要です。それには耐久性や周囲の歯への影響といったことも関係してきます。

インプラントはお手入れ次第では半永久的に使用できる

インプラント自体はほとんど壊れることはありませんが、お口の中で長持ちさせられるかどうかは、お手入れ次第です。しっかりとお手入れすれば、20年、30年でも持たせられる治療法ですので、しっかりとお手入れしていきましょう。

インプラントは周囲の歯の健康も保ちやすい

インプラントは、他の治療法とは違い、他の歯に負担をかけずに機能させることができるので、お口全体の健康を長く保ちやすくなります。

お電話