インプラント基礎知識

インプラントとは

自然な使い心地と見た目が魅力のインプラント

インプラントとは、失ったご自分の歯の代わりにあごの骨に埋め込む人工歯根のことです。まるでご自分の歯が蘇ったような治療法なので、「第二の永久歯」や「第三の歯」などと呼ばれることもあります。

インプラントは骨に馴染み、しっかりと固定されますので、他の治療法では得られない、自然な噛み心地や見た目にすることができます。

インプラントの安全性

体に優しく、馴染むチタンが素材

インプラントの素材として使用されているのは、チタンという金属です。チタンは、非常に軽く、耐久性に優れ、錆びず、体に馴染んで害を及ぼさない「生体親和性に優れた」材料として知られています。金属ではありますが、非常に金属アレルギーを起こしにくいことでも有名です。

また、チタンは骨と結合して一体化する性質を持っているので、骨にしっかりと固定され、お手入れを怠って細菌感染を起こさない限り、長期的に安定した状態を保ち続けることができます。

インプラントの構造

主に3つのパーツから成るインプラント

インプラントは、一般的に3つのパーツから成り立っています。

 

人工歯根(インプラント体)

あごの骨に埋め込まれる部分で、チタンでできています。ネジのような形をしていて、骨に固定されます。

被せ物(上部構造)

実際に歯茎の上から見える部分で、セラミックの素材で作られることが多いため、天然歯のような見た目を再現できます。セラミックも体に安全な材料です。

連結部(アバットメント)

人工歯根と被せ物をつなぐパーツで、チタン製のもの、セラミック製のものがあり、場合によって使い分けます。

インプラントのメリット・デメリット

インプラントには数多くのメリットがありますが、デメリットもあります。治療を選ぶ際にはメリットだけに目を向けず、デメリットのこともきちんと理解しておくことが大事です。

メリット

  1. よく噛める
    骨にしっかりと固定されるインプラントは、健康なご自分の歯のように、どんなものでもよく噛むことができます。


  2. 見た目が自然で美しい
    天然歯のように骨と歯茎に埋まっているため、天然歯のような見た目になります。


  3. 周囲の歯を健康に保ちやすい
    周囲の歯に支えを求める他の治療法とは違い、インプラントは他の歯に負担をかけませんので、周囲の歯にもダメージを与えず、健康を保ちやすいのが特徴です。


  4. お手入れが楽
    固定式で、天然の歯のように歯茎に埋まっていますので、お手入れ方法も天然歯の場合と変わらず、とても楽です。


  5. 違和感がない
    あごの骨に一体化するため、違和感がほとんどありません。


  6. 若々しさを保ちやすい
    インプラントが埋まっているあごの骨は、噛む刺激を直接受けるため、歯が抜けたあと放置する場合や、他の治療法の場合と違って、あごの骨が吸収して痩せてしまうことがありません。そのため、お顔の張りが保たれ、若々しさを保ちやすくなります。
    また、しっかりと噛めるので、脳に噛んだ刺激が伝わって認知症予防効果がありますし、体のバランス感覚も良い状態を保てるので、全身的にも若々しさをキープしやすくなります。

デメリット

  1. 手術が必要
    インプラントをあごの骨に埋める手術が必要なので、年齢、お身体の状態(持病や妊娠など)によっては治療が受けられない場合があります。


  2. 保険がきかない
    インプラントは保険がきかないので、保険治療に比べて高額になります。


  3. 治療期間が長め
    インプラントと骨がくっつく期間が数ヶ月必要なので、治療期間が他の治療に比べて長めになります。

おかだ歯科までお気軽にご相談ください。

お電話