インプラント治療のQ&A

インプラントについて、良くある質問にお答えします。

Q 治療期間はどの位かかりますか?
A インプラントの手術自体は30~60分程度で終わります。
その後、インプラントと骨が結合する期間が約3ヶ月程度かかり、その後上の歯を作るのに約2週間かかります。
骨の幅や高さが足りない場合には、骨を作る治療が必要なので、その場合の治療期間は約6ヶ月です。また、歯周病の治療をインプラントを行う前にしなければならない場合もあるので、その際にはもう少し時間がかかるかもしれません。
いずれにせよ最低数ヶ月の治療期間が必要なので、担当の歯科医師にもよく相談して下さい。
Q 治療は痛いですか?
A 痛みが全く無いと言えば嘘になります。
インプラントは外科処置が必要なので、麻酔も必要です。ただ、痛みの感じ方は人それぞれなので、一概にこれ位は痛いとは言えません。よく言われる例で、親知らずの抜歯と同じくらいの痛みという表現をしますが、親知らずの抜歯の際に感じる痛みも人によって異なるので何とも言えません。
ただ、治療に対する恐怖心が痛みを増幅させる事は間違いないので、解らない事は出来るだけ質問する事にしましょう。

「あまり痛くなかった」と言う人や「全く痛くなかった」と言う人、逆に「痛くて辛かった」と言う人もいらっしゃいます。

Q 費用はどの位かかりますか?
A 価格については、歯科医院によって異なりますが、大阪で行われているインプラントの治療費は、1本あたり上部構造込みで約30万円~60万円と幅があります。
通院されている歯科医院でお確かめ下さい。また、値段が高いから良い治療、安いから悪い治療であるとも言い切れないのが本当の所で、インプラントに対する取り組み方も歯科医院毎によって異なります。
値段だけにとらわれず、複数の人の歯科医院を回られて、ご自分に一番合う所を選ぶ事をお勧めします。
Q インプラントができないのはどんな場合ですか?
A 血圧が高い方や、糖尿病等で血糖値が高い方は注意が必要です。
数値がコントロール出来ていれば問題ありませんが、担当されている医師の許可が必要です。また、インプラントの土台となる顎骨の状態によっては治療が受けられない場合があります。
Q インプラントはどの位持ちますか?
A インプラントの臨床が本格的に始まり、20数年が経過しましたが、現在でも当時のインプラントで何の問題もなく過ごされている方は大勢いらっしゃいます。
ただし、それは一生持つという意味ではありません。インプラントの寿命は治療のレベルと患者さんの全体状態にも左右され、きちんとした治療を受けメンテナンスを受けなければ、5年と持たないケースも現実としてあるからです。
ご自分の歯は一生持つという保障がない事は誰でも知っている事と思いますが、インプラントも同様と考えて下さい。
お電話